てんちてんのう

てんちてんのう【天智天皇】
てんじてんのう(天智天皇)

Japanese explanatory dictionaries. 2013.

Look at other dictionaries:

  • ちくじはんのう — ちくじはんのう【逐次反応】 前段階の反応生成物が次の段階の反応物となって, いくつかの反応がつぎつぎに起こり, 最終生成物に至る反応。 通常一つの化学反応式で表される反応も, そのほとんどは, いくつかの素反応から成る逐次反応である。 → 連鎖反応 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ちゅうかんかくにんのうったえ — ちゅうかんかくにんのうったえ【中間確認の訴え】 〔法〕 訴訟の目的である権利関係の先決問題となる権利関係の存否の確認を, 原告または被告が同じ訴訟手続の中で求める訴え。 付随的確認の訴え。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ちゅうきょうてんのう — ちゅうきょうてんのう【仲恭天皇】 (1218 1234) 第八五代天皇。 名は懐成(カネナリ)。 順徳天皇の第四皇子。 1221年四歳で即位, 承久の乱勃発により七〇日余で退位。 1870年(明治3)在位を認めて諡(オクリナ)された。 半帝。 九条廃帝。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ちゅうあいてんのう — ちゅうあいてんのう【仲哀天皇】 記紀の所伝で, 第一四代天皇。 足仲彦尊(タラシナカツヒコノミコト)の漢風諡号(シゴウ)。 日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の第二王子。 皇后は気長足姫(オキナガタラシヒメ)(神功(ジングウ)皇后)。 熊襲(クマソ)征討におもむき筑前橿日宮(カシヒノミヤ)で没したという。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • てんのうじやちょうざえもん — てんのうじやちょうざえもん【天王寺屋長左衛門】 江戸中期の古銭家。 大坂の人。 著書「化蝶類集」がある。 生没年未詳。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • うだてんのう — うだてんのう【宇多天皇】 (867 931) 第五九代天皇(在位 887 897)。 光孝天皇の皇子。 名は定省(サダミ)。 親政を行おうとしたが, 関白藤原基経に阻まれた(阿衡(アコウ)事件)。 基経の死後は菅原道真を起用して摂関政治の弊害を改めるのに努めた(寛平の治)。 のち, 出家して寛平法皇・亭子院(テイジノイン)と称した。 子の醍醐天皇に与えた「寛平御遺誡」, 日記「宇多天皇御記」がある。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ちほうぶんたんのうふきん — ちほうぶんたんのうふきん【地方分担納付金】 地方公共団体が行うべき事業を国が直接行う場合に, 地方公共団体がその費用の一部を負担して国に納める金。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ちょうけいてんのう — ちょうけいてんのう【長慶天皇】 (1343 1394) 南北朝末期の第九八代・南朝第三代天皇(在位 1368 1383)。 名は寛成。 後村上天皇第一皇子。 南朝不振の時期にあり, 住吉・吉野・金剛寺・栄山寺など, 皇居を転々とした。 著に源氏物語の注釈書「仙源抄」がある。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ちんこうはんのう — ちんこうはんのう【沈降反応】 抗原抗体反応の一。 可溶性の抗原と抗体とを反応させると, 肉眼で見えるような沈殿物を生じる反応。 抗原や抗体の定量に利用。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • てんのうだち — てんのうだち【天王立ち】 歌舞伎下座音楽の一。 時代物の浄瑠璃狂言の大序や公家の出入りなど荘厳な場面に用いる鳴物。 笛・大鼓・小鼓・太鼓を用いる。 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

We are using cookies for the best presentation of our site. Continuing to use this site, you agree with this.